読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を楽しみながら生きるということ

楽しいこと大好き。いつの間にか40代。妻とうさぎと暮らすおっさんの日常を綴ったブログだす。

極度の謙遜は慢心の現れか

今年に入って知り合った人。

 

しかし、第一印象で違和感感じてた。

 

一見、別におかしいというよりむしろ好印象。

 

一般的にはかなりの良いイメージなはず。

 

でも、おいらはやり取りする度になんかずっと引っかかってた。

 

真相は本人次第だからわからないにしろ、

 

ある仮説を立てたら凄くスッキリしてしまった。

 

 

その人、こっちが普通に褒めてるのに、

 

過剰にそれを否定し、

 

自分なんか・・・・

いやー、こう見えて・・・・

 

年齢も若いのに物凄い謙虚なんだと思ったのだが、

 

これ謙虚じゃなくて・・・

 

 

 

 

こいつ褒められたいだけじゃね?

 

わざと自虐的なことを言って

違うって言われたいんだろ?

 

 

 

それって謙虚じゃなくて、慢心じゃね?

 

チヤホヤされたいのか、こいつ?

 

そう思えるようになってしまった。

 

しかも、段々態度がでかくなってきたしw

※この辺がツメが甘いんだよね、若いから。

 

 

だから、接し方を変えてみた。

 

以前は、謙虚でひたむきに努力してるのかなと思ったから、

 

おいらから積極的に、大丈夫~とか声かけてたけど、やめた。

 

必要以上は構わない。

 

ただし、聞かれたことについては従前と変わらず対応する。

 

そして、大事なことは・・・

 

 

 

こっちが褒めたのにいつものように自己否定してきたら、

 

全く反応しない。

 

 

残念ながら、案の定すげー気に入らなそうw

 

おいらはそんなあほなことにいちいち付き合ってらんねー。

 

そもそも、こっちが褒めてるのに否定してくるということは、

 

こっちの評価にイチャモンつけてるんだから、おかしいわな。

 

 

褒められたら、素直にありがとうでいいだろ。

 

これからも頑張りますで、いーじゃんか。

 

 

やはし、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしだな。

 

 

 

一番初めに感じた違和感・・・

 

その人は地方出身。

 

だけど、訛りがあるわけでもなく、

 

綺麗な標準語。

 

でも、一番初めに会った時、

 

こちらが何も聞いていないのに、

 

自分が地方出身者なので気を付けてはいるけれど

 

(方言)出てしまうかもしれないのでご容赦を・・・

 

 

と言ってきたことだ。

 

東京に出てきて嫌な思いでもしたのかな~と考えてたが、

 

そうじゃない!!

 

 

出身についていぢられたいだけ。

 

それをネタに話しかけられたいだけ。

 

 

あー、違和感感じてたのに見抜けなかったw

 

でも、やはし違和感が大事だ。

 

違和感は大切にねw