毎日を楽しみながら生きるということ

楽しいこと大好き。いつの間にか40代。妻とうさぎと暮らすおっさんの日常を綴ったブログだす。

不安は妄想の副産物

会社でお客さんがいる立場の部下と話す時、

 

その話題がネガティブな場合、

 

そのほとんどの話題の理由が負の妄想だ。

 

「・・・ってなったらどうしよう」

「・・・をやってしまった」

「これって、・・・なんだろうか」

 

その気持ちは良くわかる。

 

赤ちゃん時代は記憶能力と認識能力が未発達だけど、

 

脳が成熟するにつれて記憶という経験値が上がってくる。

 

経験値が高くなると新しく起きる事象に対して、

 

結果を予測し始める。

 

これは一般的な人は当たり前のように行うことだが、

 

結果を全て悪い方向、つまり負の妄想を行った場合、

 

負の連鎖は止まらない。

※まあ、逆の陽の連鎖も同じだがw

 

 

相手があってその反応があって成り立つことに対しては、

 

起きた事象だけを正確に認識し、その事象に対して

 

反応・応答・対応はするものの、そこから生じる可能性は

 

一切、考えないようにすることが大事。

 

いくら考えても無駄だからだ。

 

単なる負の妄想。

 

負の妄想は対数増殖的に爆発的に増え続けるので

 

脳機能として処理しきれなくてパンクしてしまう。

 

 

正確な事実認識だけを行うことに徹する。

 

トラブルに対する対応法も実はこれだったりする。