読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を楽しみながら生きるということ

楽しいこと大好き。いつの間にか40代。妻とうさぎと暮らすおっさんの日常を綴ったブログだす。

常識と非常識

常識的でないが非常識。

 

でも、常識ってなんだ?

 

毎日、生きていると自分以外の人間と

 

関わった際に相手の人に対して常識的でないという

 

感覚、非常識を感じるんだろうけど・・・

 

これって難しいよね。

 

常識って多くの人が共通して感じるものなんだろうけど、

 

それを持ち合わせていない人だって数えればそこそこいる。

 

だめだ、おかしい、変だ、間違ってる・・・って言っても、

 

確実に存在する。

 

そして、相手もこっちを非常識だと思ってる。

 

どっちが正しいで、電車の中やいろんな所で喧嘩する人もいる。

 

ラインのニュースで、今日の19日、田園都市線で押した、押されたで

 

喧嘩になったようだが、これも多分同じことなんだろう。

 

でも、すっげー混んでる社内では、そもそもそれ以上乗ることが

 

物理的に無理があるのだから、譲り合うとか、譲り合わないとか、

 

強引だとか、いわゆる常識的な範疇で物を考えてはいけない気がする。

 

要するに、内戦勃発で国内が戦争状態なのに、常識的な動きを人間が

 

するのかっていうのと同じだと思う。

 

いわゆる、有事の際の動きだね。

 

日本人は他の国と比べて暴動が起きるような国じゃないけど、

 

もうそんな平和な国ではなくなったのかもしれない。

 

主義主張をきっちりして、言いたい放題、やりたい放題の人の方が

 

幸せに暮らせるのかもしれない。

 

でも、人間、生き方なんてそうそう変えられるもんではない。

 

善人が悪人にはなれないし、悪人は悪人のままだ。

 

そう考えると、毎日の生活において常識を周りに問わないと

 

モヤモヤしてしまうような事象が多いのであれば、

 

非常識を正そうとか、非常識な人に一言もの申すよりも、

 

そういう人と関わらないで暮らせる方法を模索した方が良いと思う。

 

 

かくして、おいらもたまたまだけど今の所に引っ越したおかげで、

 

通勤のストレスが激減した。

 

混んでる車内はたったの2駅だけ。

 

それも時間をずらせば余裕のレベル。

 

以前は1時間半ぐらい車内で格闘せにゃならん。

 

 

次は通勤しなくても良い所に住めれば良いわけだ。

 

うちの妻はたまたまだけど、家から歩いて5分ぐらいの所で

 

働いているので、通勤ストレスがゼロだ。

 

そのせいで、長く電車に乗ることが出来ない身体になったらしい。

 

 

常識、非常識を問うより、自分の常識感だけで暮らせるように

 

思考することをお勧めする。

 

 

飲食店も一般大衆というか、単価が安い店に行けば、

 

当然、店員や客とのトラブルも増えるだろう。

 

高い店はそれなりの接客をしてくるし、

 

それなりの客が集まってくる。

 

おのずとストレスはなくなる。

 

 

そう言えば、ここ最近、贅沢になったこともあるが、

 

そういうストレスが嫌でファーストフードの店や

 

ファミレスに行かなくなった。

 

 

お金は安いが食事でストレスだけは勘弁である。