読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を楽しみながら生きるということ

楽しいこと大好き。いつの間にか40代。妻とうさぎと暮らすおっさんの日常を綴ったブログだす。

スコアを良くするにはどうしようか

今日のゴルフ

考え方を変えることで、

 

スコアが良くなったという結果が得られたんだから、

 

この考え方は正しいはずだ。

 

 

どう考えたかっていうと、シャフトの長さとクラブフェイスのロフト角に

 

依存して、ボールの飛距離と方向性をコントロールするんだから、

 

シャフトが長くなる、短くなるということはダウンスイングから

 

インパクトまでのタイミングが若干異なってくるだけで

 

打ち方を変えるものでも、スイングスピードを変えるものでもない。

 

勝手にタイミングが変わるものだ。

 

ロフト角は番手を変えれば勝手に変わるだけで意識的に打ち方を

 

変えてはいけない。

 

 

一番やめたのは、打ち方を変えると言う考え方。

 

ボールを上げようと考えると必然的に腕の使い方や

 

身体の使い方が全て真上に向くようになってくる。

 

そのためにはボールを上げようと考えない。

 

ボールが上がるだけのロフト角の番手を選択するだけ。

 

ボールを上げるのはあくまでもロフト角である。

 

距離を出すのはシャフトの長さである。

 

ヘッドスピードを上げるという選択肢は存在するが、

 

ヘッドスピードを上げると身体の制御がしにくい。

 

再現性が悪くなる。

 

アマチュアが飛ばすためにヘッドスピードを上げるような

 

発想したらほとんどダメになる。

 

まあ、どこまでの飛距離かにもよるがね。。。

 

 

そうなると、最終到達地点、ゴール設定をどうするか。

 

スコア80台ぐらいだったら、普通の飛距離で十分。

 

むしろ、ミスショットを無くし、アプローチの距離と方向性を

 

正確に行い、パットを確実に入れる。

 

そのためには再現性は修練によって高められるから置いておくが、

 

ボールが真っすぐ飛ぶスイングを1つ覚えることだ。

 

これを覚えて初めて番手を変えることで距離を調節できる。

 

 

練習場に行って、最近やっていることというか、

 

気にしていることは、番手を変えることで飛距離がちゃんと

 

変わってくるのかである。

 

方向性はほぼ一緒になってきているので、これが大事。

 

アイアンなのに飛ばそうと考えた瞬間、

 

スイングスピードが速くなり、ミスショットの出る確率が

 

一気に上がる。

 

確かに飛距離は出るが、制御が出来ない。

 

同じリズムで振れるようにする。

 

 

 

まっ、そうは行ってもラウンドすると乱れるんだよねw

 

メンタルのスポーツとは良く言ったもんだ。

 

 

しかし、考え方をしっかりしておけばラウンドいけば、

 

飛ばしたくなり、スイングスピードも速くなることが前提になるので、

 

想定範囲内であるから、次のショットでリカバリー出来る。

 

 

平均80台に持って行くのが当面の目標だ。