読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を楽しみながら生きるということ

楽しいこと大好き。いつの間にか40代。妻とうさぎと暮らすおっさんの日常を綴ったブログだす。

転ばぬ先の杖とは・・・

1つ前の記事で良い子だけどちょっと痛い後輩の話を書いた。

 

それに伴い、おいらの中で確信になっていること。

 

 

転ばぬ先の杖

 

 

これって、まあ一般的に知られてる言葉だと思うが

 

誰にでも当てはまるわけではないのが30歳ぐらいで

 

部下が出来たときにわかた。

 

 

この言葉の意味って、転ばないように(失敗しないように)

 

年長者なり周りがアドバイスすることだと思うのだが、

 

 一生懸命歩いてフラフラしている転びそうな人には

 

転ばないための杖は重要なアイテムになる。

 

 

でも、自分でそもそも歩いていない人、

 

すでに転んでる人に杖を渡しても全く意味が無い。

 

つまりだ、自分で考え、自分で言動行動している人ならば

 

アドバイスがホントに助言になる可能性があるけど、

 

何もしていない人にサポートしても補助にはならん。

 

0に何を掛けても0のままだ。

 

 

おいらなりの格言。

 

転ばぬ先の杖は自分で歩いている人だけ限定のアイテム。

 

すでに転んでいる人がやらなければならないことは、

 

たったひとつだけ!

 

 

自分が転んでいることを自覚する

 

これ、ホント。