読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を楽しみながら生きるということ

楽しいこと大好き。いつの間にか40代。妻とうさぎと暮らすおっさんの日常を綴ったブログだす。

ブラック企業がどうちゃら言う人

前からちょっと思ってたんだけど

 

自分が勤め人だとして、

 

勤務先の労働条件が自分の想定よりも

 

異なっているとして、

 

それが自分にとって不満であるならば、

 

その会社がブラックだとかどうだとか、

 

言ってないでとっとと辞めて自分に合う会社を

 

見つけるか、企業して自分で稼ぐか、

 

どっちかに決めればいいんじゃね?

 

 

何を以て、ブラック企業なのか知らないけど、

 

お金稼ぐってそもそもすごい大変なことなんだよ。

 

楽して儲けているように見える人もいるかもしれないが、

 

場面場面では重要な決断を強いられることもあるだろうし、

 

何気に仕事してると思うのだよ。

 

 

そもそもだな、賃金は労働の対価だぞ?

 

自分でどんだけの労働力を提供出来る自信あるの?

 

その労働力だって会社が求めている形で

 

提供してこそ労働力として価値があるんだよ?

 

 

自分が賃金支払う側になったらわかるんだけど

 

与えられた仕事をこなして給料を当たり前のように

 

貰う感覚がある場合、理解なんてしないだろうなと思う。

 

 

おいらもずっと上記みたいな感覚は持っていたから・・・