読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を楽しみながら生きるということ

楽しいこと大好き。いつの間にか40代。妻とうさぎと暮らすおっさんの日常を綴ったブログだす。

面倒臭いという感覚

誰もが一度ぐらいは感じたことがある感覚。。。

 

 

めんどくせー・・・

 

 

一般的には、この感覚はあまり良いものと

 

されていないような気がする。

 

真面目にコツコツと・・・を信条にするならば

 

忌むべき存在だ。

 

 

でもね、、、

 

素晴らしい感覚なんですよ、実は。

 

面倒臭いとも思わない人って、

 

とにかく目の前にあるものにだけ

 

意識があるからだなって思う。

 

目の前にあるものだけなら、

 

それがこの先も出現しようが、

 

過去に出現していようが、

 

重複していようが、

 

何も活かされなかろうが

 

 

 

どうでもいいってこと。

 

 

 

でも、ちょっと頭の働く人は

 

重複してるとか、非効率的だとか、

 

行程が長いとか、先が見えてしまうので

 

めんどくせーって思うんじゃないかと思う。

 

 

大切なのはこの後で、めんどくせーで終わってしまうのではなく、

 

めんどくせーなら、如何に合理的、かつ効率良くやるには

 

どうすればいいのかを考えるのが良い。

 

頭を使うなら、あーやだな・・・と嫌な記憶を反芻して

 

気分悪い状態を長引かせるより、如何にどうしてやろうかと

 

思考する方が未来が明るい。

 

ポジティブシンキングなんて世の中言う人もいるが、

 

ポジティブに考えようと思って出来る人は一人もいない。

 

具体的に解決策を導き出そうとする頭の使い方が

 

別名:ポジティブシンキングなのだ。

 

なかったことにして気にしないとは違う。

 

 

だから、面倒くさいという感覚は実は効率化出来る、

 

合理化出来るアイテムの発見器みたいなもんだ。

 

 

おいらはいつもそう思う。

 

でも、効率化を考えるのもめんどくせーけどねw

 

 

だから、考えたくないから考えるのだ。