毎日を楽しみながら生きるということ

楽しいこと大好き。いつの間にか40代。妻とうさぎと暮らすおっさんの日常を綴ったブログだす。

子供は嘘つかないという幻想

最近、子育てしている後輩から聞いた中で

 

そりゃ、違うだろ???と思ったこと。

 

どうも、物心ついてきたチビちゃんが、

 

事実を偽ったようだ。

 

これが許せないというか、将来的に不安だと

 

後輩は言うのだ。

 

あと2人、同じく子育て中の後輩も同じように

 

嘘はいけない。。。子供は嘘付かないもんだという。

 

 

おいらには子供いないから子育て論はわからないが、

 

おいらも子供時代があったから確実にわかること。

 

 

 

人は自分を守るため、もしくは何かを守るために

 

故意でも偶発的でも嘘をつく生き物だ。

 

ゆえに。。。。

 

 

子供だから嘘付くんだ。

 

子供は純粋だから嘘をつくんだ。

 

だって、おいら。。。

 

すっげー、自分の気持ちを偽る嘘つきな子供だったから。

 

 

 

大切なのは、なぜ嘘をついたのかということ。

 

もし、それが親に叱られるでも何でもいいが、

 

自分の非を認めていて、それを隠そうとしたのであれば

 

その隠そうとした気持ちがダメだ(嘘はいけない)ではなく、

 

その気持ちはごくごく自然で当たり前でそれは悪くない。

 

しかし、それでは何の解決にもならず

 

むしろ自体を悪化させてしまうということを教えるべきだと思う。

 

 

人間失敗する生き物でもある。

 

だからこそ、失敗しないために嘘をつくのではなく、

 

失敗した時に事実を認識してリカバリーすべきだということを

 

伝えてみてはどうだろう。。。と後輩に伝えてはみたが、

 

その後輩、言い訳する癖があるんだよね。

 

 

だから、親子そっくりってことじゃんw