読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を楽しみながら生きるということ

楽しいこと大好き。いつの間にか40代。妻とうさぎと暮らすおっさんの日常を綴ったブログだす。

過ぎたるは及ばざるが如し

今日のゴルフ

インパクトで左肩が開かないようにって

 

ずっと練習してきたけど、腕を使わないで

 

ボディーターンしてれば順番的に

 

左肩がどんどん開く。当たりめーだ。

 

だから、回転をインパクト前で止めたりもした。

 

そうしたら、今度はダフりまくる。

 

腕が右から左への横の動きになってしまう。

 

 

おいらは言われたとおりに振ってたんだわ。

 

だから、言われたことを聞くのをやめた。

 

 

でも、習い始めの腕の動きと今の動きは

 

動かし方が違う。

 

以前は、腕を使って右から左に横の動きで

 

振ろうとしてた。

 

今は横の動きは身体の回転。

 

 

腕は確かに使うが使いすぎたらだめ。

 

身体もきちんと回すが回しすぎたらだめ。

 

 

ゴルフというスポーツは、あくまでも

 

連続的な身体の動きの中でボールを打っている。

 

プロのスイングの静止画、動画の一瞬一瞬を見る

 

機会も多いから勘違いするが、

 

テークバック、トップ、切り返し、ダウンスイング、

 

インパクト、フォロー、フィニッシュと

 

名称もあるのだが、それぞれの形を目指して

 

アドレスから動き始めると全てやり過ぎになってしまう。

 

トップのあの形を目指すと大体、腰は回し過ぎ、

 

腕や肩が硬くて回らない場合は、脇が空いてしまう。

 

インパクトで押し込むとか言う人もいるけど、

 

ほんの一部の人以外、そんな感覚わからないし、

 

クラブに当たった瞬間、ボールは離れてる。

 

押してる感覚なんてないはずだ。

 

押そうとすると、腕が横の動きに変わるので

 

ボールが安定しない。

 

フィニッシュまで上げようとすると、

 

腕を持ち上げようとする動きが入るから

 

掬うようなスイングになる。

 

 

まさに、過ぎたるは及ばざるがごとし。

 

コンパクトに最小限の動きをしようとすればするほど

 

実は、パワーが効率よく使えるスイングになるのだと

 

おいらは思うのだ。