読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を楽しみながら生きるということ

楽しいこと大好き。いつの間にか40代。妻とうさぎと暮らすおっさんの日常を綴ったブログだす。

腕を使わないという嘘

ほとんど全ての先生が共通して話していたことは、

 

自然に振る、むしろクラブに引っ張られるぐらい。

 

腕は使わない、しいていうなら下ろすだけ。

 

腰で引っ張る、体でクラブを運ぶ。

 

 

言葉で説明することの難しさは知ってる。

 

でも、共通してるのは腕を使うのはダメということ。

 

 

そこで、ずっと抱えてた疑問は

 

ゴルフクラブを持ってるのは

 

身体の腕なのに、

 

腕使わねーで

 

どうやって打つんだ?

 

 

先生に腕使ってるかと聞くと、全く使わないと言う。

 

身体全体で振れば自然に腕はついてくると。。。

 

これが、習い始めは感動したのだが、

 

後からずっと晴れなかった疑問だった。

 

 

それ、マヂっすか???

 

 

これが、プロ資格を持っている人がアマチュアに教える

 

大きな勘違いだと思う。

 

腕を使わないでスイング出来る人なんているわけない。

 

腕だけでも、体だけでもだめだ。

 

両方正しく使うが正しい。

 

 

前の記事で書いたのだが、理屈は後付けだ。

 

つまり、自分で若い頃から、ゴルフスイングを出来てる人は

 

あとからどうやって振ってるのかを考える。

 

だから、無意識に自然にやってることを主体的に積極的に

 

やってるとは表現しないだろうなと思ってる。

 

もしくは、これがキモだから内緒にしてるか。

※これだと、かなりいやらしい人になるが。

 

 

 

アドレスで構えて、腰から始動して、

 

自然にトップの位置まで持ってきたら、

 

下半身主導で腕を使わずにボデイーターン。

 

ずっと昔から聞くこのフレーズ。

 

インパクトはアドレスの再現と言いながら、

 

テイクバックからトップまでの間に

 

腕を使ってクラブフェイスを開いているのに

 

そのまま腕を使わずに戻してきたら、

 

フェイス全開。

 

大スライス。

 

ボールの手前で自分で反応して

 

無理やりフェイスを戻すと

 

チーピン、ひっかけ。

 

この打ち方だから、ティーショット、セカンドショットで

 

左右に行く。グリーン周りに近づいても、左右に曲がるから

 

寄らない。スコアがまとまるわけがない。

 

 

だから、おいらが変えたのはたった1つだけ。

 

バックスイングでトップまでは同じ。

 

切り返しは下半身主導、脇は絶対空けない。

 

しかーーーーーーーーし、

 

切り返しと同時に肘の旋回でクラブを右から左に倒す動作を

 

一瞬だけ意識に入れる。

 

そうすると見事にインパクトでフェイスが戻る。

 

球筋は・・・ドローボールになった。

 

生まれて初めてドローボールを打った。

 

素敵なくらいのスライスだったのに。