毎日を楽しみながら生きるということ

楽しいこと大好き。いつの間にか40代。妻とうさぎと暮らすおっさんの日常を綴ったブログだす。

楽しみにしてたのに大ショック

昨晩は、久しぶりに妻とデートすることにした。

 

まあ、やってることは普段の週末と変わらないのだが

 

待ち合わせするという小技を追加w

 

以前から、気になっていて妻が大の牡蠣好きなので、

 

連れていくことにしたのが、こちら。

 

shoko-oyster.com

 

ホームページもしっかりしてたし、ザギンの店だし。

 

まあ、小さいビルの1室で、カウンターで8席?、テーブル1つ。

 

予約をしていたもののテーブル席をチョイス。

 

まずは、生ビールを注文。

 

f:id:okomaru-arisuke:20170624092059j:plain

 

口に入れた瞬間、、、、凄い、違和感。

 

 

生臭い???

 

 

女性店主ともう一人の女性店員2人で回してるみたいだけど、

 

さっき、生牡蠣剝いてなかった???

 

おいおい、大丈夫か???

 

はい、予感的中です。

 

 

次に初めて来たんですど、お勧めというか

 

どこから頼んだらいーですかねー?と聞くと、

 

 

えっ?あっ?いやー、どれでも。。。

 

すぐに出せるのだったら〇〇です。

 

 

 

だから、牡蠣のメニューしかなくて、

 

どれ選んでいいのかわかんないから聞いてんのに。

 

選べるぐらい知ってたらとっくに頼んどるわ。

 

 

はあ~???バカか、この人?

 

商売する気ないのか、俺たちがよほど気に入らないのか、

 

何かあんだろ、まずは生ガキを召し上がっていただいてとか、

 

その後で〇〇はいかがでしょうかとか。

 

この時点で、テンション下がりまくり。

 

ビール追加して、生ガキを注文することに。

 

食べ比べが3個、5個、全部とある。

 

全部は8個らしいのでとりあえずそれをオーダー。

 

f:id:okomaru-arisuke:20170624094323j:plain

 

 

大きさは大小さまざまで、どこ産の何々と説明をうける。

 

どれがお勧めですかー???と素朴な疑問のつもりだったのだが、

 

「全部です。。。」の一言で終了。

 

多分、店主だけど狭い店内で赤色の麦わら帽子?みたいなのかぶってる。

 

広い店内でメキシカン風の店とかならわかるけど、店のつくりは完全に

 

小さいBAR。そういや、昔若い頃、先輩と新宿でBARやってた時の間取りだわ。

 

ここでそんな帽子被るかね?(坊主憎けりゃ袈裟までもの心理だな)

 

しかも、おいらが好きなのは、おいらが好きになったのは、

 

生ガキにレモン垂らしたり、しょうゆ垂らしたり、ポン酢落としたりして、

 

味付けして食べるやつ。

 

クリーミーさと牡蠣本来の美味さが融合して物凄い美味しく感じるんだ。

 

 

ここの牡蠣は、何のこだわりか・・・海水だけついているのでそのままで・・・

 

採れたてでもイメージですか?まあ、これは店のコンセプトだろうけど、

 

書いておいてくれよ。海水しかつけませんって。

 

確かに新鮮だから海水だけでも食べられるさ。

 

でも、物足らねーんだよ。

 

レモンくれよ。レモン、レモンw

 

 

途中で、生ガキに合う白ワインをグラスで貰うが、

 

その時にも、生ガキに合う白ワインどれですかね~と聞くと、

 

スペイン産、ニュージーランド産、イタリア産・・・

 

国だけで選べるぐらいのワイン通じゃねーよ。

 

 

今までの一般大衆向きじゃない店の中で最低だった。

 

常連さんがリピートするらしいが(当たり前か?だから常連か)、

 

ありえねーわ。

 

 

 

その後、そうそうカキフライとアヒージョを注文。

 

f:id:okomaru-arisuke:20170624093252j:plain

 

アヒージョ、来たときは多少ぐつぐつしてた。

 

でも、これも単なるオリーブオイルにわずかなニンニクスライスで

 

最後に軽く火をとおすだけでカキを投入してるから味が薄い。

 

はっきり言って、煮込まないで素材の味をオリーブオイルに

 

移行できないアヒージョは、オリーブオイルにしっかりニンニクの風味を

 

つけてくれるか、ちょっとうま味入れてくれないと、

 

単なる油煮になるんだよ。

 

バケット冷たいからすぐに冷えるし。

 

アヒージョできたとりわけ小皿、IKEAだしw

 

なんで我が家と同じ小鉢なんだよw

 

取り分けて器で冷めて、バケットが冷たいから全く美味くない。

 

 

おいらを落胆させた究極が、カキフライ。

 

揚げてない。絶対レンチン。ベチャベチャ。

 

それ以外の調理法なのかはわからないけど、

 

ガチで不味い。牡蠣自体は美味いけどありえねーわ。

 

これでがっかり。

 

あまりに腹減ってクリームパスタ頼んだけど、なぜかそれだけは

 

出てくるまでに凄い時間がかかった。

 

でも、これが一番味がしっかりしてて美味しかった。

 

妻はスープ全部飲んでたw

 

これにバケットつけて食いてーよ。

 

実は、この後、21:20から映画の予約してて、

 

間に合うかな~なんて言ってたのに、すげー待たされて

 

パスタ食べ終わったのが19時半前。

 

18:30入りだから1時間も立たない。

 

そこそこ頼んだので、二人で約15000円。

 

向こうはいい商売だったと思うけど、

 

おいらはかなりのがっかり。

 

あー、許せねー。ザギンだけに許せねー。

 

向こうも二度と来るなと思ってるだろうけど、こっちも二度と行かねーよ。

 

 

おいら、晩御飯しか食べないからこういう店だとホントがっくり。

 

だって、次の食事、24時間後なんだもんw

 

 

 

 

 

果報は寝て待てと言うではないか

仕事では特にそうなのだが、あんな場合、こんな場合を

 

想定し始めるとキリがない。

 

しかも、どれも理論的に積み上げれば一理はある(だろう)。

 

それらについて、どれが正しいのかを議論する奴が多いのだが、

 

確実にそいつらは暇だ。時間が有り余った暇人だ。

 

どうなるかなんて一定の時が経過すれば勝手に結果が出てくる。

 

相手の返答次第だったら、まさに待つというか自分は何もしようがない。

 

それにも関わらず、相手の返答を予想するなんて愚の骨頂。

 

結果、それが予想通りだったとしよう。

 

・・・で???それが???

 

だって、外れることもあるんだから。

 

物事の結果なんて、所詮は全て確率のなせる業だとおいらは思う。

 

確率的に高いか、低いかの問題。

 

でも、相手がある場合は成り立たない。

 

だって、予想しようがないんだから。

 

それまでに出来ることをやったなら待つしかない。

※何もしないで待っててもだめお。

 

果報は寝て待てというではないか。

 

曖昧さを享受出来る器。

 

おいらは精神年齢は中学生から成長してないが、

 

それは確実に出来たと思うw

築地青空三代目 に行ってきた

以前から、名前だけ知っていたというか、

 

会社の後輩だった子から美味いですよぉ~と

 

教えてもらってはいたが何となく行ってなかった店。

 

週の初めにたまたま社長に連れて行ってもらい、

 

こりゃ美味い!!と感動したので、土曜日に妻を連れていくことに。

 

妻は前日、前の会社の人と飲み会(開始が21時という完全夜型の会社)で

 

明け方近くに帰宅だったのでおいらはいつものように日の出と共に目覚め、

 

うさぎの世話して、最近のお気に入りの池袋のスパにゴーゴゴー!!

 

たっぷり汗流して、17時半に築地で待ち合わせ。

 

妻も「翌日が青空さんなので酒量は控えた」とテキーラはショットで1杯にしたと

 

訳の分からないことを言っていたが、まあ二日酔いでなかったようだ。

※妻はおいらがある一線超えるとブチ切れるのを知っているので、

 ギリギリのところで止めるのはわかってるw

 二日酔いは禁止と言い渡していたのでね。

 

土日は遠し営業なのでお昼からでも何時からでも良いですよ~と

 

言われていたのだがディナーの時間の早めの17時20分に入店。

 

すでにカウンターには2組のお客さん。

 

まずはビールで乾杯。

 

f:id:okomaru-arisuke:20170618064655j:plain

 

いや~この一杯のために生きてるな。

 

岩塩とスダチで食べる刺身が絶品。

 

f:id:okomaru-arisuke:20170618065426j:plain

 

そして、シーズンのピークにはさらにでかくなるという

今まで会ったことがないくらいのデカさの岩ガキ。

f:id:okomaru-arisuke:20170618065745j:plain

※わかりづらいかもしれないがかなりでかい。

一口で絶対に食べられないサイズ。

 

 

この後、アワビのステーキとかお任せ握り10貫とかいろいろ食べて、

 

妻は、もうはらいっぺー!!とギブアップ宣言。

 

おいらはまだ食べられるけど、気分屋の妻が外出て散歩したくなったらしいので

 

お会計して歩いて帰ることに。

 

2人で今日の会計は最高新記録(6万越え)ぐらい行きそうだなあ~と

 

予想していたが、意外や意外の約4万。

 

アワビのステーキが¥ASK~で5000円オーバーだったし、

 

お任せ10貫も1人あたり4000円~だったのだがビックリ。

 

まあ、これでも高いけどねw

 

 

満足度高いのでここは再訪決定。

 

唯一は、カウンターから出てくる握りが出てくるのが遅いので

 

お腹一杯になってきちゃうこと。

 

妻なんて3貫目ぐらいでお腹一杯だったらしい。

 

食い維持張ってるから無理してでも食うアホ女w

 

さすがに最後の1貫:炙りトロは、無理ですぅ~と

 

言っておいらが食ってやったが。

 

 

ひっさびさに美味い寿司食うた。

 

満足度高し。

 

ごっちょまる^^

 

 

 

 

今さら、グリムはまってます

我が家はHULUに加入してるので、

 

ちょいちょい邦画やら洋画やらドラマやら

 

週末にかけて見ておる。

 

だいぶ前に見ていたアメリカンドラマ

 

「グリム」

 

シーズン4がはじまってた。

 

 

昨晩から一気に見始めて、もう最後の1話に・・・w

 

ガキの頃からオバケ好きだったから、

 

妖怪物とか、魔術物は大好きだった。

 

超能力欲しいなあ~ってずっと思ってた。

 

 

この主人公のグリム。

 

本当に強いのかどうかがイマイチわからん。

 

体術戦は長けてるみたいだけど、

 

何かを操れるわけでなし、火を吐けるわけでもなし、

 

でも、ヴェッセンと呼ばれる魔物(?)はみんな

 

ビビっとる。

 

どう考えても、ヘキセンビーストという魔女の方が

 

強そうなんだよね。

 

 

しかし、人間よりもドロドロの人間(魔物)関係で

 

しっちゃかめっちゃか。

 

裏切りに次ぐ裏切りの連続。

 

 

あーあ、続き見たいけどシーズン5はまた来年かなw

在宅勤務やってみた

おいらは会社のPCをリモート操作できる権限が一応ある。

 

セキュリティの関係で一部の人だけなのだが・・・

 

そういう訳で家でも仕事は出来るのだ。

 

今日は、マンションの配管清掃と浴室乾燥機の

 

点検について、立ち合いがあったので休んで家でやることにした。

 

 

ズバリ結論だが、静かに仕事が出来て非常に良いw

 

しかも、若干のわずらわしさは残るもののPC操作も問題なし。

 

でも、社長との契約で出社が前提だから在宅勤務はあかんのだ。

 

 

でも、毎日これだったら暇すぎて退屈かな。

 

人と会わなすぎるのも苦痛ってか。

 

 

ない物ねだりだ、人間は。

最近、友達が増えた

知人の紹介やら、仕事先で仲良くなった人やら、

 

同世代とちょっと下ぐらいの人達で友達?が増えた。

 

まあ、今度ご飯でも食べよう~で実現はしてないが、

 

予定は立ったぐらいのレベル。

 

でも、この年になって新しい知り合いが増えるのは、

 

何となく楽しいものだ。

 

しかも、業界も異なるし、今までのバックボーンが

 

かなり違う。

 

共通してるのは、嫌煙者・酒飲み」

 

 

でも、これ大事w

仕事が全く減らないわけよ

ひっさびさに書いてるぐらい、なんだか知らんが

 

仕事が多くて、あんまり遊べないわけよ。

 

今日も元気に仕事してるわけよ。

 

4月から毎月1本、論文作成依頼があり、

 

これが週末のおいらを縛っている。

 

 

しかし、ビールの美味しい季節になりましたな。

 

毎日、家でも飲んでるけど生ビールが美味しい季節でやんす。

 

今年はビアガーデンに行きまくりたい。

 

毎年、1回行けるか行けないか・・・で終わってる。

 

最近、飲み友達増えたので今夏はビール三昧できそうやw

 

 

あっ、その前に原稿書かにゃ・・・